捻挫の応急処置

捻挫の応急処置
  1. 捻挫すると、子どもは、捻挫場所を動かすと痛がります。
  2. 無理に動かせば痛みが強くて泣く子供もいて、動かさなくても少し痛みがでます。
  3. 捻挫直後~少し時間が経つと、患部が腫れてきます。

捻挫や打撲をした場合は、患部(痛い場所)を動かさないようにしてください

重要なのは、早期に「RICE処置」を行うことです。

  • 【Rest】体を動かさず、安静にする。
  • 【Ice】患部を冷やす。
  • 【Compression】テーピングや包帯をやや圧迫気味にまいて、患部を抑えて固定する。
  • 【Elevation】患部(痛い場所)を心臓より高く上げる。

※ RICE処置は、捻挫や打撲、骨折の応急処置です‼️

整骨院での治療

  • 炎症を抑える効果
  • 治癒を早める効果
  • 細胞を活性化させる効果

がある治療器がたくさんあります‼️もちろんプロが勢揃い。

※腫れが大きいときや痛みが強い場合は、ただの捻挫や打撲だけでなく、骨折や靭帯の損傷が起きている可能性もありますので、早めになぎさ整骨院に受診して下さい。

関連記事

  1. 新年お年玉イベント「選べる無料体験」「親子割」

    新年お年玉イベント「選べる無料体験」「親子割」

  2. 【小中学生限定】視力改善のモニターを募集します!

    【小中学生限定】視力改善のモニターを募集します!

  3. スポーツトレーナーの経験と知識を活かして

    スポーツトレーナーの経験と知識を活かして

  4. 破格!アイケア新プラン登場!(視力改善・眼精疲労治療器)

    破格!アイケア新プラン登場!(視力改善・眼精疲労治療器)

  5. 腰の痛み!それは本当に脊柱管狭窄症ですか?

    腰の痛み!それは本当に脊柱管狭窄症ですか?

  6. 冷え・肩こり・めまい・顔のほてり・食欲不振は、寒暖差疲労が原因

    冷え・肩こり・めまい・顔のほてり・食欲不振は、寒暖差疲労が原…