100均グッズで簡単にできる!肩のインナーマッスル・ボール編

100均グッズで簡単にできる!肩のインナーマッスル・ボール編

肩のインナーマッスルの重要性

肩のインナーマッスルとは

肩のインナーマッスルとは、回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)やローテーターカフと呼ばれる筋肉群です。肩甲骨の前面と背面に位置し、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)、小円筋(しょうえんきん)という4つの筋肉で構成されています。

肩のインナーマッスルの役割

肩関節はさまざまな方向に動く関節だが、その分安定性がないといえます。そんな肩関節を安定させるのが、【肩のインナーマッスル】です。4つの筋肉がそれぞれに働き、三角筋などと連動することで、安定して肩関節を動かせます。

肩のインナーマッスルを鍛える効果

筋肉のバランスが悪く、肩関節が不安定な状態だと、肩を痛める可能性があります。肩のインナーマッスルを鍛えれば、肩関節の安定性を向上させ、肩のケガの予防につながります。また、オーバーユース(運動による使い過ぎ)や四十肩、五十肩などの加齢による肩の痛みも、改善が期待できますよ!

是非皆様もボールをつかってお試し下さい!

当院でも学生さんにインナー強化はもちろん、体感トレーニングや投球練習などの指導も行っていますよ‼️スポーツ障害などで悩んでいる方はなぎさ整骨院TELかDMでご連絡下さい!

関連記事

  1. ぎっくり腰になった時、コルセットはつけた方が良いの?

    ぎっくり腰になった時、コルセットはつけた方が良いの?

  2. 花粉症に鍼治療

  3. 成長期やスポーツしている子供の発症しやすい「かかとの痛み(セーバー病)」とは

    成長期やスポーツしている子供の発症しやすい「かかとの痛み(セ…

  4. なぎさ整骨院「潤院」9/12開院!

    なぎさ整骨院「潤院」9/12開院!

  5. 捻挫の応急処置

    捻挫の応急処置

  6. 1周年記念イベント《8回コース半額》キャンペーン!

    1周年記念イベント《8回コース半額》キャンペーン!