成長期の膝の痛み?オスグッド病かもしれません

成長期の膝の痛み?オスグッド病かもしれません

オスグッド病とは?

オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)は、成長期のスポーツをする子供や若者に多く見られる膝の障害です。この病気は、膝蓋骨(膝のお皿)から脛骨(すねの骨)に向かう膝蓋腱が繰り返し引っ張られることで起こります。

症状

膝の前面、特に脛骨粗面(膝の下の出っ張り)に痛みや腫れが生じます。痛みは運動や膝の屈伸で悪化し、片方または両方の膝に影響を及ぼすことがあります。

原因

繰り返しのジャンプやランニングなどのスポーツ活動による負担。成長期の骨の発育に伴う筋肉や腱の緊張。

治療方法

安静とアイシングで炎症を抑え、物理療法やストレッチングで筋肉の柔軟性を改善します。必要に応じて、痛み止めや抗炎症薬を使用します。

予防

適切なウォームアップとクールダウンを行い、適度な休息を取ります。スポーツの技術を正確に習得し、過度な負荷を避けます。

スポーツをやっている小中学生のお子様が以下の症状を訴えたことはありませんか?
  • スポーツをしていると膝が痛い。
  • 膝のお皿の下の骨が出っ張ってきた。
  • 休むと痛みは落ち着く。

これらの症状は、成長期のスポーツ少年少女に多い「オスグッド病」の可能性があります。

なぎさ整骨院では、痛みの治療はもちろん、その後のケアやトレーニング方法もしっかりお伝えします。このような症状がある方は、ぜひ「なぎさ整骨院」へご来院ください。

関連記事

  1. 新年お年玉イベント「選べる無料体験」「親子割」

    新年お年玉イベント「選べる無料体験」「親子割」

  2. 新卒・中途採用開始(柔道整復師・鍼灸師)

    新卒・中途採用開始(柔道整復師・鍼灸師)

  3. 【スポーツ指導】野球編(バッティング指導)

  4. キッズルームでママさんにもリラックスして施術してもらおう

    キッズルームでママさんにもリラックスして施術してもらおう

  5. 「第1回なぎさ運動塾」大盛況!

    「第1回なぎさ運動塾」大盛況!

  6. 【重要】臨時休業のお知らせ

    【重要】臨時休業のお知らせ