本当に足の捻挫(靭帯の損傷)ですか?初期処置が大切です!

本当に足の捻挫(靭帯の損傷)ですか?初期処置が大切です!

多くの方がこの内返し捻挫を経験しているのではないでしょうか。1番多いのは、外側の靭帯(前距腓靭帯・踵腓靭帯)。続いて足の甲の外側の靭帯(二分靭帯)です。ときに骨折など骨組織の損傷を合併し、強い痛みや腫れが出現し歩行が困難になることもあります。

まず足を捻った時に1番大事な応急処置は…

  • 安静
  • アイシング
  • 挙上
  • 圧迫

です。※その後に【爪先立ち】や【ジャンプ】ができるかできないかが肝心です‼️「たかが捻挫」と考えず、早めに当院の受診をお勧めいたします!

本当に足の捻挫(靭帯の損傷)ですか?初期処置が大切です!

関連記事

  1. 投球フォームが原因で故障しない身体づくり(スポーツ指導)

    投球フォームが原因で故障しない身体づくり(スポーツ指導)

  2. 「暑さに負けない体作り」講演会

    「暑さに負けない体作り」講演会

  3. 【重要】営業再開のお知らせ(8月20日より)

    【重要】営業再開のお知らせ(8月20日より)

  4. 健康3原則

    健康3原則とは?

  5. 健康保険を活用した治療で、外傷から慢性痛まで専門的なケアを:なぎさ整骨院の保険診療

    健康保険を活用した治療で、外傷から慢性痛まで専門的なケアを:…

  6. 野球肘とは!?原因と治療法について

    野球肘とは!?原因と治療法について